max:                     GREGORY evolv LOKI       snap SKPN hitme kao★     昔の味卵農場              B3 BOULDING SITE   BST マーシー道場


by enjoyclimber_max
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

kaze

風邪ウイルスの野郎が僕の体の中に入ってきました。
今日一日寝てだいぶよくなりましたが油断してると来ますね奴は(^^;)
皆さん気をつけてくださいね!
それとkaoriさん、メールありがとうございます!
[PR]
by enjoyclimber_max | 2005-01-31 21:27 | slackline

egg!

今日、僕のスポンサーである「昔の味卵農場」さんに行ってまいりました。
ここにはプライベートウォールがあり、たまにここの息子さんの田中さん兄弟とセッションをし楽しんでいます。
この人らと登るとエネルギーがみなぎってくる感じがしてマジやばいです!
彼らもまた百万回トライの人間で課題にかける情熱はある意味一番かもしれません。
彼らとは一生友達でいたいです!

[左]プライベートウォールを登る僕
[右]酒とセッションする田中さん弟



c0031127_23183887.jpg
c0031127_23185298.jpg

[PR]
by enjoyclimber_max | 2005-01-27 23:13 | climbing!

すとまじ

僕は今クライミングジムのバイトをしています。
仕事内容はテープ貼りと課題づくり、そしてバイト終盤にセッションして終わりです。
今日のセッションは面白かった。
関東でも実にカッコイイ百万回トライの人がいます。
その人の名は橋本さん。
進化を遂げようと必死になって打ち込む橋本さんはカッコよく理想の大人って感じてす。
このひとの努力を見てると僕もやってやるって感じになります。
僕も頑張らなくちゃ!
[右]1Qをトライする僕
[左]同課題の橋本さん
c0031127_0182829.jpgc0031127_0183887.jpg
[PR]
by enjoyclimber_max | 2005-01-26 00:30 | climbing!

留学

去年の11月末。僕は北海道に3泊4日でクライミングを楽しみ、次の日に関東に帰ることになった。その最後の日、僕の良き理解者でありアドバイザーのnaoさんと一晩今後のクライミング人生について話をした。
僕は普通に大学に入り、少しずつプロとしての考えを固めていくという考えがあった。このことを話すとnaoさんはこう言ってくれた。

みんながやっていることを繰り返すことなんてつまらない。もっと違うことをしろ。留学でもすりゃいいじゃんか!

そのとき僕の頭の中には「留学」という文字はなかった。naoさんのおかげで頭の中のもやもやがなくなったような気がする。
決心が付いた。
僕は高校でたらプロとしての視野を広げに海外に行くことにしよう。

てことでこれから猛勉強したいと思います!
皆さん、わかんないことがあったら教えてくださいね(笑)
[右]昨日買ってきた参考書。ガンバルじょい!c0031127_18513367.jpg
[PR]
by enjoyclimber_max | 2005-01-23 18:46 | slackline

バテタ~!

昨日に引き続きプロジェクトトライしてまいりました。

「午後から天気が崩れます」テレビでそんなことを言っている。ふざけんな!(泣)そそくさと家を出て岩場をめざす。幕岩の空はぶ厚い雲に覆われて待ち構えていた。
エリアへと急ぎアップもせず、すぐさまトライ開始。前日の疲れもあってか最初のトライはボロボロ。岩は冷たく僕を受け入れようとしない。指が温まったところを見はからって二回目。
明らかにムリをしている僕の体は以外にも拒否をせず第一の核心は抜けた。そして最後の一手は指のしびれに負け、保持することができなかった。そのあとのトライも岩に弾かれ無常にも天気が崩れていき、仕方なくエリアをあとにした。帰りのアプローチ、僕は悔しさを噛み締めていたがなぜか充実感もあった。昨日感じてたルートに対する「義務感」も感じなかったし、一回一回のトライの中で岩に対する憎しみもなかったからだ。これからもこの課題からいろんなことを学び成長していくことを実感した。
帰りの車の中で僕は熟睡してしまった。車に揺られながら家路へと急いでいるのかと思い目を開けたそのとき、僕はゾッとした。なんとそこはクライミングジム!どんな怖い話より驚いた(笑)そのあとの僕といったら後先考えず登りまくった。2時間ほど暴れまくった僕は燃え尽き、今は家でこうしてパソコンを打っている。
もう今日は動けましぇん!
[右]努力の証
[左]燃え尽きた僕

c0031127_16503733.jpgc0031127_1651092.jpg
[PR]
by enjoyclimber_max | 2005-01-23 17:41 | climbing!

いわば

本日プロジェクトを終わらせるべく、[湯河原・幕岩]へと向かった。
自分への期待がふくらみ、早朝からかなりテンションUPぎみ。下の写真からもそれがわかると思う(笑)
9:30に岩場に到着。エリアへのアプローチには梅の花がポツポツと咲き始めている。これはこれからプロジェクトを登る俺への前祝いか~って調子こきつつ歩く。エリアに到着し、ストレッチをすませ、プロジェクトのとなりの課題でアップをする。岩が妙に熱い。この時から頭の片隅には「不安」という文字があったのかもしれない。降りながらホールドを掃除する。ついでに前に落ちたところを復習してみた。一発でそのムーブは出来た。しかし今までできていたムーブが出来ない。トライを重ねるが意味がなく、頭の隅々まで「不安」で埋め尽くされた。この日にトライしたのは5回。すべてのトライのなかには「グレード」を意識する面があった。今考えたらメチャ格好悪い。自分は美しいラインに引かれていったのにそんな事を考えるなんて…。
明日も行くことにしよう。自分の心の進化を遂げるために…。
[右]僕。朝っぱらからこんなんでした(笑)
[左]僕の親父。


c0031127_1854558.jpgc0031127_18551175.jpg
[PR]
by enjoyclimber_max | 2005-01-22 18:09 | climbing!

ネタが~!

3日もサボってしまった…。
なんせネタがないのです。今度のもすごいことやらかすんで待っててください(笑)
てことで今日は僕のお仲間紹介を致します。
この写真の方々は初対面です。だけどとっても仲良し。なぜかというと、この日僕とジロウさん(写真の左の人)らはクライミングのイベント参加のため関東から北海道に行ってました。
その会場にはテツロウさん(写真の右の人)もいたのですがイベント中にはまだ出会わず、二人ともイベントに夢中。しか~し、イベントが終わり、片付けの最中にそのときがやってきたのです!僕がダンボールの束に投げ込まれるのを見た二人の表情はいまだに忘れません!あれは同じ色の血をしてるぜって感じ(笑)その夜の打ち上げでは案の定二人は結ばれましたとさ!
こんな友達僕もほしいっ!
[下]遠距離のベストカップル

c0031127_18584289.jpg

[PR]
by enjoyclimber_max | 2005-01-21 19:20 | slackline

オススメ!パート2

c0031127_22265010.jpg
オススメコーナー第二弾!
今回はGREGORYのバックの紹介をしたいと思います。
商品名は「EKKO」。
僕がよく使用ているバックで、クライミング行くときはもちろん通学時にも使っています。
この商品の魅力の一つはツインジッパーアクセス。バックの奥のほうにつまったものでもハンドルを下に引けばすぐに取り出せ非常に便利。
そしてサイドには、レバージブルコンプレッションストラップ付いていてパックフロント部にも追加でギアを付けることができます。最近僕はスケボーを学校に持ってくとき使っています(笑)
それに上ぶたが付いていることによってより多くの荷物が入れられます。
少々長いサイドのストラップが気になるかな。
ウエストベルトが取り外し可能なので僕は通学時には取り外して使用しています。
GREGORYはデイバックが一番!っていうイメージの方が
多いと思いますが、まだまだハイテクバックがいっぱいあるので
いろいろ使ってみましょう!

[上]EKKO
[下]僕のレバージブルコンプレッションストラップの使い方
c0031127_19243475.jpg

[PR]
by enjoyclimber_max | 2005-01-17 22:38 | オススメ!

憧れ…

皆さんディ-ンポッターというクライマーをご存知でしょうか?
僕の憧れの人です。
毎度脚光をあびるわけではなく、いきなり出てきてどでかいことを成し遂げるクールでカッコイイクライマー。いくつもの伝説を持っていて、僕の理想そのものです!いつかは彼を越えるクライマーになる。いや、越えてみせ~る!「(-_-)」
[下]彼がディーンポッター。カッコよすぎです!
c0031127_23403994.jpg

[PR]
by enjoyclimber_max | 2005-01-15 23:44 | climbing!

今年の正月

少し遅れてしまいましたが、正月のクライミングレポートを書き込みます★

12月始めに痛めた足首の傷みもだいぶ癒え、岩が恋しくなった年末。
親父の誘いにのり外岩のルートを登りに行った。僕の地元、厚木から車で2時間くらいのところにあるエリアで僕のクライミングの原点といってもいい場所、「湯河原・幕岩」。この岩場はベテランクライマーが何年もかけて築き上げてきた最高の岩場だ。そのベテランクライマーの中には僕の親父も含まれていて、何本も美しいルートを開拓し、初登してきてくれた。そのおかげで僕の岩場の経験地が上がり、クライミングレベルも上がった。
この岩場に来るのは2年ぶりだろうか。過去を振り返りながらクライミングを楽しんだ。
そんな時エリアの移動中、親父が岩の前に止まり指を指す。

「このラインできるんじゃないか?」

親父がボソッと言う。見上げてみると、きれいな100度くらいのフェース。隣のラインとの距離があまりにも近いため手がつけられていない。ボルトは隣のラインと併用すれば何とかなる。
カンテを使わない限定課題なのだが美しい。親父ナ~イス!て感じでトライ開始…
して早や6日目(泣)カチ力全開で指がシビレテ落ちてしまう。
今度書き込むときは登ってやる~((((((((((((-_-)/
(今回は写真用意できませんでした)
[PR]
by enjoyclimber_max | 2005-01-15 00:10 | climbing!