max:                     GREGORY evolv LOKI       snap SKPN hitme kao★     昔の味卵農場              B3 BOULDING SITE   BST マーシー道場


by enjoyclimber_max
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2005年 01月 23日 ( 2 )

留学

去年の11月末。僕は北海道に3泊4日でクライミングを楽しみ、次の日に関東に帰ることになった。その最後の日、僕の良き理解者でありアドバイザーのnaoさんと一晩今後のクライミング人生について話をした。
僕は普通に大学に入り、少しずつプロとしての考えを固めていくという考えがあった。このことを話すとnaoさんはこう言ってくれた。

みんながやっていることを繰り返すことなんてつまらない。もっと違うことをしろ。留学でもすりゃいいじゃんか!

そのとき僕の頭の中には「留学」という文字はなかった。naoさんのおかげで頭の中のもやもやがなくなったような気がする。
決心が付いた。
僕は高校でたらプロとしての視野を広げに海外に行くことにしよう。

てことでこれから猛勉強したいと思います!
皆さん、わかんないことがあったら教えてくださいね(笑)
[右]昨日買ってきた参考書。ガンバルじょい!c0031127_18513367.jpg
[PR]
by enjoyclimber_max | 2005-01-23 18:46 | slackline

バテタ~!

昨日に引き続きプロジェクトトライしてまいりました。

「午後から天気が崩れます」テレビでそんなことを言っている。ふざけんな!(泣)そそくさと家を出て岩場をめざす。幕岩の空はぶ厚い雲に覆われて待ち構えていた。
エリアへと急ぎアップもせず、すぐさまトライ開始。前日の疲れもあってか最初のトライはボロボロ。岩は冷たく僕を受け入れようとしない。指が温まったところを見はからって二回目。
明らかにムリをしている僕の体は以外にも拒否をせず第一の核心は抜けた。そして最後の一手は指のしびれに負け、保持することができなかった。そのあとのトライも岩に弾かれ無常にも天気が崩れていき、仕方なくエリアをあとにした。帰りのアプローチ、僕は悔しさを噛み締めていたがなぜか充実感もあった。昨日感じてたルートに対する「義務感」も感じなかったし、一回一回のトライの中で岩に対する憎しみもなかったからだ。これからもこの課題からいろんなことを学び成長していくことを実感した。
帰りの車の中で僕は熟睡してしまった。車に揺られながら家路へと急いでいるのかと思い目を開けたそのとき、僕はゾッとした。なんとそこはクライミングジム!どんな怖い話より驚いた(笑)そのあとの僕といったら後先考えず登りまくった。2時間ほど暴れまくった僕は燃え尽き、今は家でこうしてパソコンを打っている。
もう今日は動けましぇん!
[右]努力の証
[左]燃え尽きた僕

c0031127_16503733.jpgc0031127_1651092.jpg
[PR]
by enjoyclimber_max | 2005-01-23 17:41 | climbing!